スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
顔のシミのタイプ_脂漏性角化症
顔のシミ取りには、自分の顔のシミのタイプを知ることがまず大切。シミの種類には脂漏性角化症から起きるものがあります。この脂漏性角化症から出来るシミは、老人性色素斑と同様に、10代や20代といった若いころから紫外線を浴び続けることも原因と言われています。若い頃にしっかりと紫外線対策をしなかったことによって、中年以降になってからシミに悩まされてしまうのです。こう考えるとシミというのは年をとってからの悩み・・と考える若い人が多いですが、今のうちにしっかりとしたシミ対策をしなくてはいけないということですね。

脂漏性角化症によるシミは、しこりのようなものが出来るのが特徴で表面はざらざらしていて褐色のシミとなります。そのためにこの脂漏性角化症によるシミが顔に出来た場合は非常に目立つので、さらに悩みが深刻になります。

脂漏性角化症によるシミが顔に出来た場合には、やはりレーザー治療を行うことが効果的と言われています。中には悪性腫瘍の可能性もあるので、まずは皮膚科などの専門機関へ行って、相談を受けることから始めるといいでしょう。自己判断でシミ対策を行うのは危険な場合があるので、気になる場合は必ず専門医にみてもらいましょう。
| 顔のシミの原因 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
顔のシミのタイプ_老人性色素斑
顔のシミ取りを考える前に自分がどのタイプのシミなのかを知る必要があります。顔のシミの原因として「老人性色素斑」というものがあります。この老人性色素斑とは、加齢によって起きるものですが、10代や20代といった若い頃に紫外線を浴び続けることによって、30代以降に徐々にシミとして出てくるのが特徴です。シミの色も濃い色になることが多く、女性にとっては非常に悩み深いシミとなるものです。

老人性色素斑によって出来たシミを治療するなら、皮膚科・形成外科・美容外科などに通う必要があります。最初は無料カウンセリングを行ってくれるところもあるので、気軽に訪ねてみてはいかがでしょう。美白化粧品などを素人判断で使うよりも、一度こうした専門機関へ相談に行くことによって、適切なアドバイスを受けられるのなら、行って損はないですよね。

シミは出来る前に予防することが大切ですが、出来てしまったシミをなくすためにも、専門医へ相談へ行かれることをお勧めします。
顔のシミは特に目立つものなので、このシミが1つ消えるだけでもだいぶ若返って見えるものです。一人で悩まずに気軽にカウンセリングに訪れてみてくださいね。
| 顔のシミの原因 | 10:21 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
顔のシミのタイプ_炎症性色素沈着
顔のシミ取りを考える前に自分がどのタイプのシミなのかを知る必要があります。シミのタイプの1つには、炎症性色素沈着というものがあります。この炎症性色素沈着が起きる原因として、にきびやかぶれ、やけどなどによって肌が炎症したときにそのまま色素が沈着してしまうことが挙げられます。

にきびやかぶれ、やけど、そして虫に刺された後などに紫外線を浴び続けると、皮膚が炎症し茶色いシミとなって残るものです。
このシミが顔に出来たばあいは、通常時間と共に薄くなるのが特徴ですが、中には真皮にまで炎症が広がり色素がそのまま残ってしまうこともあります。

比較的なおしやすいシミと言われていますが、そのままほっておいてもダメです。効果的な対策をしてシミをなくす努力をすることが大切です。紫外線対策も当然必要ですね。

最初の段階であれば、美白化粧品を使ってみたり、ピーリングなどを行うことによってシミをなくすことも可能ですが、炎症性色素沈着によるシミが残ってしまった場合の治療法としては、レーザー治療が一般的な方法と言われています。

レーザー治療と聞くと不安を感じる人もいるでしょうが、信頼のおけるクリニック・美容外科などを訪ねてカウンセリングを受けることから初めてみるといいですね。
口コミなども聞くのも参考になるでしょう。
| 顔のシミの原因 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
顔のシミの原因_紫外線
顔のしみというのは女性にとっては非常に悩み深いものの1つです。そもそも顔にしみが出来る原因には何があるのでしょうか。

顔にしみが出来る原因の1つとしては紫外線が挙げられます。紫外線を多くあび続けていると、皮膚下で活性酵素が発生されてメラニン色素は沈着することによってしみとなります。皮膚の表面が茶色や暗褐色に変色してしまうことによって、肌の表面にしみとして目立つようになるのです。

一時期ガングロなどといって、顔を真っ黒に日焼けさせる女性が流行しましたが、将来のしみが非常に不安なところでもあります。

日焼けをしすぎると肌のターンオーバーが衰え、古い角質と新しい角質の入れ替わりができずらくなり、古い角質が残ることによって、しみの原因となるメラニン色素が沈着してしまいます。

顔のしみはパッと見で目立ったものがなくても、実際には皮膚の下で溜まっていることが多いので、年齢を重ねることによって、顔のしみがどんどん目立ってくるようになります。

若いからといってしみ対策をしないまま、紫外線をあび続けるなどしていると、年をとってから急激にしみが目立つようになり、後悔をすることになりかねません。

年齢を重ねると新陳代謝も悪くなるので、しみの原因となるメラニン色素が肌に残りやすい状態となるので、顔のしみのためには、若い頃からの対策が重要となります。

又、顔のしみの原因には他にも多量の喫煙なども挙げられています。喫煙をすることによって、しみの予防に有効とされるビタミンが破壊されてしまうので、顔のしみが出来やすくなるのです。喫煙をする人は喫煙をしない人に比べて、血流の流れも滞りがちで、しみが出来やすくなるので注意が必要です。

他にも顔のしみの原因として睡眠不足やストレスといったものも挙げられます。ホルモンとの関係によるものなのですが、女性が月経のときはホルモンバランスが崩れやすいので、意識的にしみ対策も一緒に行うように心がけるといいでしょう。
| 顔のシミの原因 | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
顔のシミのタイプ_脂漏性角化症
顔のシミ取りには、自分の顔のシミのタイプを知ることがまず大切。シミの種類には脂漏性角化症から起きるものがあります。この脂漏性角化症から出来るシミは、老人性色素斑と同様に、10代や20代といった若いころから紫外線を浴び続けることも原因と言われています。若い頃にしっかりと紫外線対策をしなかったことによって、中年以降になってからシミに悩まされてしまうのです。こう考えるとシミというのは年をとってからの悩み・・と考える若い人が多いですが、今のうちにしっかりとしたシミ対策をしなくてはいけないということですね。

脂漏性角化症によるシミは、しこりのようなものが出来るのが特徴で表面はざらざらしていて褐色のシミとなります。そのためにこの脂漏性角化症によるシミが顔に出来た場合は非常に目立つので、さらに悩みが深刻になります。

脂漏性角化症によるシミが顔に出来た場合には、やはりレーザー治療を行うことが効果的と言われています。中には悪性腫瘍の可能性もあるので、まずは皮膚科などの専門機関へ行って、相談を受けることから始めるといいでしょう。自己判断でシミ対策を行うのは危険な場合があるので、気になる場合は必ず専門医にみてもらいましょう。
| 顔のシミの原因 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |